MENU
授乳中だから薬はちょっと・・・
子育てママも安心♪産後の便秘を劇的にスッキリできるオリゴ糖
公式サイトは以下の画像をクリック


産後に便秘でいきむとどうなるの?

産後は母乳育児や生活習慣の変化から便秘になるママは多くいます。

 

最初は会陰切開の傷口が気になっていきむことができず、さらに母乳育児も始まり水分が不足して便秘が進んでしまうというパターンが多いと思います。

 

ここでは便秘でいきむことによって起こる「痔」について調べてました。産後の便秘でいきみ過ぎ「痔」になってしまったという方の参考にして下さいね。

 

 

●産後に多い「痔」の種類
産後に便秘でいきみ過ぎると「痔」になりやすくなります。特に産後に多いのが「切れ痔」や「いぼ痔」と呼ばれるものです。

 

「切れ痔」
肛門の粘膜が切れて出血がみられます。また排便の時に痛みを伴います。

 

「内痔核」
別名、いぼ痔と呼ばれるものです。内痔核の初期症状は痛みを感じないので気づかないことが多いのですが、症状が進行すると出血がみられ、粘膜が外側に出てきて痛みが出ることがあります。

 

便秘で強くいきむことにより「痔」を発症し脱肛という肛門の粘膜が外側に出てきてしまうことがあります。脱肛の初期では自然に戻ることもありますが、進行すると常に出ている状態になってしまいます。

 

●「痔」を予防するにためには
・強くいきみすぎないようにします。
・食物繊維の多い食品や乳製品を摂取してバランスの良い食事を心がけましょう。また母乳育児の方は水分をたっぷり摂取して下さいね。
・睡眠をできるだけとるように心がけます。
・適度な運動やお腹のマッサージで排便を促す
・毎日、同じ時間に便座に座り排便の習慣を身につける
・頑固な便秘はかかりつけの産婦人科医に相談して母乳育児に安全な便秘の薬を処方してもらいましょう。

 

産後にいきみ過ぎると「痔」に罹りやすくなってしまいます。

 

母乳育児中のママにとって薬はできれば避けたいと思っているかもしれませんが、産後の便秘で強くいきむと痔の悪化につながります。

 

軟膏や座薬などで治療できるので痔で悩んでいる方は産婦人科で相談すると良いでしょう。

産後に便秘でいきむとどうなるの?関連ページ

ママ必見!産後の便秘に効くツボ